不妊治療を始める前に基礎体温を測ること

赤ちゃんが欲しいのに、なかなかできない人は結構いるようです。ある統計では1割の人が不妊で悩んでいるそうです。
10人に1人が自然に妊娠ができないということになります。統計では現れていない数字もあるでしょう。不妊だと人に言えない人もいるからです。そのような人も含めると1割以上の人が妊娠できずに悩んでいることになるのです。そしてそのすべての人が不妊治療するわけではなく、そのまま諦めてしまう人もいるのです。ひとりで解決できる問題ではないでしょう。パートナーの協力があってこそ解決に向かっていくのです。ここでも、パートナーの理解を得られずに不妊のままの人もいるのです。不妊は簡単な問題ではないのです。しかし、本当に子供が欲しいと思うなあらば、パートナーと協力し合って、早めに不妊治療をスタートしましょう。
出産に適した年齢がありますから、早く始めることが、妊娠の可能性を高めてくれるはずだからです。
さて、不妊治療に入るにあたり、まず一番最初にしてもらいたいことは、女性の方の基礎体温を計ることです。これが不妊治療の初めの一歩です。
朝、目が覚めたら直ぐに計ります。布団に入ったままで構いません。枕元にいつもい体温計と基礎体温を記入するノートを置いておきましょう。起きてすぐに体温を測定し、記入するのです。
これを毎日行い、グラフにしていきます。そうすると自分の低温期と高温期がわかります。
高温になる意味を理解していますか。排卵後、黄体ホルモンが分泌されていて、中枢に働きかけるために高温になるのです。もしも、高温にならず一定しているならば、排卵が起きていない可能性がああるのです。基礎体温を計ることは、排卵をしているのかどうかがはっきりできるのです。もしきちんと排卵しているにも関わらず妊娠しないのなら不妊の原因は別にあると考えるべきでしょう。基礎体温を計ることは、排卵がある、またはないというチェックの他にも卵巣の働き、ホルモンバランスなどもわかります。
基礎体温は、不妊治療の流れでとても大切ですから、病院に行く前にまずは数ヶ月、しっかりと計っておきましょう。

 

不妊検査から治療へ

不妊治療はまず、検査からスタートします。男女両方の生殖器に異常が見られないならば、タイミング法を実践します。この方法で妊娠できない、または生殖器に異常があった場合、他の原因がある可能性がある場合などで妊娠する可能性がないと判断したならば、次に人工授精をすることになります。
人工授精とは、精子を人工的に子宮の奥まで送り込む方法です。男性の精子の力が弱いケースなどで行われているようですし、女性の排卵に異常がある場合にも行われています。
排卵している女性には、自然周期で人工授精を行いますし、排卵しない女性の場合は、排卵誘発剤を使って排卵を促進し、人工授精を行ないます。もしもこの
人工授精でも妊娠できなかった場合、さらに次のステップに進むことになります。高度生殖医療です。これは
高齢の方など急いで妊娠させなければならない場合や、不妊症状が重い場合などで行われる方法です。より妊娠率が高い方法とされています。ひとつには、体外受精もそうです。
体外受精とは、字のごとく精子と卵子を体外で受精させることです。そうして受精した受精卵を子宮に戻すのです。この方法で妊娠できなかった場合には、また次のステップに進むことになります。
顕微授精です。これは体外受精を試みても妊娠しなかった場合に行われる方法で、
重度の精子減少症などの場合に用いられる方法です。この
顕微授精は、人工的に卵子の中へ精子を注入し、受精させます。

 

ほかにも、GIFT法と言って、精子と卵子を一緒に卵管内へ戻す方法と、ZIFT法と言って、受精した精子と卵子を卵管内に戻す方法もあります。不妊治療と一言でいっても、このように症状により、または効果如何で、段階があり、いろんな方法があるのです。