卵巣年齢を知る事

年齢と出産とは密接な関係があります。女性ならば何歳でも妊娠ができると言うわけではありません。最近は昔と違い高齢での出産が増えてきています。女性の社会進出とともに、結婚する年齢自体が高くなっていますから、その後の出産もどうしても高齢になってしまいます。高齢になると妊娠できる可能性は低くなりますし、安全な出産も望めなくなるようです。ですから高齢での不妊となると大変厳しくなるのは覚悟することが必要でしょう。
若い方ですと不妊に悩んでいても、子どもを生める年齢が差し迫っていないので、気長に妊娠を待つこともできるでしょう。ですから子供が欲しいと思う方はまずは若い時に結婚することをお勧めします。若ければその分、いろんな不妊治療受けられるでしょう。やはり
高齢ですと、限られて時間のなかで不妊治療もしなけれなりません。また出産は体にも危険を及ぼす場合もあります。さて、年齢ということを話題にしていますが、年齢以上に重要な数字があります。それは卵巣の年齢です。妊娠にはこの年齢ではなく、この数値こそ重要になるのです。AMHと呼ばれている検査で、卵巣が元気かどうかをチェッします。この検査名のAMHとは、アンチミューラリアンホルモンの略です。
このホルモンは、発育卵胞から分泌されるものです。この検査でわかる数値が卵巣にある卵子の数と関係が深いのです。この検査で卵巣の機能を計ることは、卵巣年齢を知ることになるわけです。
検査方法は血液検査で、とても簡単です。これで
卵巣年齢がわかり、
AMHの数値が高いと、卵子の数が多いということになります。逆に数値が低いと、卵巣に残る卵子が少ないということになります。
この検査結果は、個人差が大きいとされています。年齢とはかけ離れた数値がでるケースは多いのです。年齢が低くても、この数値が高い人もいれば、高齢でも数値が低い人もいるのです。この数値を基にして、今後不妊治療をしていくことになるのです。

最近高齢出産が話題になっています。

実年齢が高いのに子供をもうける人が話題に上りますね。確かに妊娠と年齢は関係しているのですが、厳密に言うと、実年齢ではなく、卵巣年齢こそ妊娠に密接に関係するのです。例えば、年齢が若くても、AMHの数値が低い人もいますし、逆に、中年層であっても、数値が高い方もいます。これは実年齢とは関係なく、卵巣年齢が若ければ妊娠も可能ということなのです。ですから不妊に悩む人はまずは、この卵巣年齢に注目しましよう。ただ、
数値が低いほど、妊娠しにくい状況ですが、それがそのまま、不妊ということではありません。けして諦めたり悩む必要はありません。
妊娠は、卵子の数が多ければよいというものではありません。重要なのは卵子の質なのです。さて
卵巣年齢がわかれば、その数値如何で、治療を早くしなければならないとか、ゆっくりで大丈夫だとか、判断が出来ます。この数値には大きな開きがあると言われています。例えば30代前半でも、AMHがゼロに近い方もいるし、40代でも高い数値の方もいるのです。このように卵巣の老化スピードは人によって大きく差が出ているのが現状です。ですからまずは、実際の年齢で妊娠を考えてはいけません。卵巣年齢で妊娠を考えましょう。もしも高齢でも卵巣年齢が低かったならば、今後の治療として無理な不妊治療を慌ててすることがないのです。できるだけ自然位近い妊娠が理想ですね。そのためにもまずは卵巣年齢を検査しましょう。