東洋医学での不妊治療

不妊治療という直ぐに体外受精や人工授精などのように病院での治療思い浮かべますね。このような西洋医学的な方法が一般的だからでしょうか。不妊症に限らず、西洋医学というと対処療法というイメージがあります。これに対して東洋医学は、体の根本からの治療というイメージです。体を健康にすることで、不調の部分を治していくのです。この手法で、不妊治療を治していくのも東洋医学です。
例えば、不妊治療の流れのひとつとして、鍼灸治療というものがあります。
鍼灸は体にあるツボを刺激することで治癒していきます。不調な部分に効果のあるツボをお灸などで刺激していき、血行促進、また疲労回復などの効果をあげて、自然な治癒をします。こうして様々なカラダのトラブルに効果を挙げていきます。これが妊娠を促すためにも使える治療方法なのです。
東洋医学的な考えとして不妊症は、カラダの状態が良くなくて妊娠できないとなります。自然に近い治療法で、自然な妊娠をして、元気な赤ちゃんを出産する、ある意味理想的な治療法と言えるかも知れませんね。

不妊治療に取り組むこと

不妊治療を知っていますか。赤ちゃんが欲しいのに、自然なかたちでは、なかなか妊娠しなくて困っている人が受ける治療です。女性が、と思っている人が多いでしょう。しかし、実際には男性側に治療をしなければいけない原因があるケースも多いのです。不妊というと、どうしても隠しておきたいと思うものです。特に男性は、不妊だからと言って治療となると腰が重いようです。そこには、仕事が忙しいとか、世間体が悪いとか、自分のプライドが許さないとか、いろいろと理由があるようです。女性の不妊の場合などでも男性の協力があると治療に向かいやすいのは当然です。しかし意外に協力的ではないケースもあるようです。女性も言い難いということもありますが、男性には協力的になってもらいたいものです。今は、不妊症と言っても大げさに隠す必要はないでしょう。多くの方が実際に治療をしているのです。パートナーが協力して、ふたりで不妊治療に取り組むことが理想なのです。もちろん費用が掛かりますから、その点でもお互いが協力しなければいけません。直ぐに結果がでるような治療法ではありませんが、二人でゆっくり構えて不妊治療に取り組むことが大事なのです。